2017年09月02日

ヒッチハイクをするにあたって


おはようございます。harukiです。
前回、ヒッチハイクで京都まで行ってきた話をしましたが、今回はヒッチハイクをするときの持ち物や注意すべき点などを紹介していきたいと思います。

まずは持ち物から。

僕が持って行ったもの
着替え、パジャマ(ジャージのハーフパンツ)、歯ブラシ、バスセット、ひげそり、ボディーシート、制汗スプレー、ティッシュ、スケッチブック、暇つぶしのための小説、乗せてくれた人へのお礼の品

このくらいですかね。

着替えはヒッチハイクをする期間にもよりますが長期間する場合でも三日分、四日分あれば大丈夫だと思います。コインランドリーへ行けば乾燥までかけられるので定期的に行くことが出来るのなら二日分でも足りますがなかなかそうもいかないので三日分はあると助かりますね。
ネットカフェなどに泊まる場合、基本的にリラックス出来るほど広くはないのでその中でもゆっくり寝れるようにリラックス出来る寝間着があるとだいぶ違ってきます。

歯ブラシや男性ならひげそりなどは持って行ってください。
知らない人に乗せていただくので身だしなみはきちんとしましょう。
汗などをかいたまま乗り込むのも不快感を与えてしまうかもしれないのでボディーシートなどもあると便利です。

基本的には乗せてくれる人に不快感を与えないようにすることが最優先ですね。

同時に乗せてくれた人への感謝の気持ちも忘れてはいけないので何かお礼の品があるといいですね。
大体の人はお礼の品なんて大丈夫だよーと言ってくれますが気持ちとしてあげた方がいいと思います。
あげるものはガムやフリスクのような眠気覚ましが無難だと思いますが辛いのがだめな人もいますのでミント感が強くないものもあるといいです。
他には缶コーヒーなどを渡す場合もブラックと微糖など相手の好みによって変えられるようにするのがいいと思います。

そして暇つぶしのものははっきり言っていらないです。
ヒッチハイクしている時は車を捕まえないといけないしそれ以外の時は休むか観光になるので暇つぶしの道具はただの荷物になってしまいます。

あとは季節によって多少の変化はありますが基本的には乗せてもらう事へのエチケットをしっかりすればヒッチハイク自体には影響しないと思います。


注意する点

交通マナーを守ること。気持ちが前に出るあまり車道に出過ぎてしまうと車の迷惑になってしまうので気をつけましょう。
絶対に車で寝ない。乗せていただいているのに寝てしまっては相手に不快感を与えてしまいます。せっかくの機会なので会話を楽しんでください。
感謝の気持ちを忘れない。ヒッチハイクはタクシーを拾っているわけではないのでしっかり感謝しましょう。


うまくいくためのコツ

清潔でシンプルな服装にする。
アクセサリーがじゃらじゃらしていたり汚い服を着ているよりも清潔感のある方が拾ってもらえます。
路駐できるところなどを選ぶ。
乗せてくれる気持ちがあっても止まれるだけのスペースがないと乗せてもらえません。
お願いする気持ちを前面に押し出す。
無表情でただ待っているよりも乗せてほしいという気持ちを伝えて行くことが大事です。

などなど他にもありますが
今時調べれば大体の情報が手に入るのでここでは僕が実際に感じたことなどを書くくらいでとどめておきます。

と、いうことで今回はこれくらいで!






posted by haruki at 09:55| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク
スポンサーリンク